no-image

コンテンツマーケティングとは?|広告費ゼロで10倍の売上を達成した手法

コンテンツマーケティングとは、対象ユーザーに対して高品質なコンテンツを提供し、ファン化を促進することで多くの収益を獲得するマーケティング手法だ。

もう少し具体的に説明すると「良質なコンテンツを通じて、潜在顧客を見込み客に育て、ファン化することで購買に結びつける一連の仕組み」といえる。いわゆる、直接的営業によって顧客を開拓するのではなく、潜在顧客を引きつけることによって引き合いを生み出すインバウンドマーケティングだ。

あなたは今、コンテンツマーケティングの導入が決定し、準備を進めようとしている段階ではないだろうか?

もしくは、今後導入するにあたって、どのように進めていくべきなのか把握したいのではないだろうか?

コンテンツマーケティングを実践すると、ビジネスが飛躍的に発展する。

わたしたち自身、コンテンツマーケティングを起点にビジネスを展開してきたが、多くのファンの獲得を達成し、売上が増加している。

だからこそ私たちは、企業の規模や業種を問わず、より良いマーケティングを展開していきたいと考えるすべての企業が、コンテンツマーケティングを導入すべきだと考えている。

ところが、あなたは今こう思っているのではないだろうか。

  • たくさんの企業が始めているからレッドオーシャンなのではないか?
  • 資金力のある大手企業じゃないと難しいのではないか?
  • 初心者にとってハードルが高い手法なのではないか?

断言するが、これらの心配はいらない。

わたしたちは、これまで200社以上のクライアントのコンテンツマーケティング導入の支援をしてきたが、初心者でも、地方の小さな企業でも、ニッチなBtoC領域であろうとも、一切関係なく成果を出し続けてきたからだ。

私たちが思うに、最大の勝因は「コンテンツへのこだわり」にある。

コンテンツマーケティグで成功を収めるためには、その名の通り「コンテンツ」が何よりも大切だ。

突出して価値あるコンテンツを作り、適切なタイミングで届けることで間違いなく成果が出る。

この記事では、組織がコンテンツマーケティングを導入し、効果的に運用していくための全ての知識、手順を紹介していく。

コンテンツマーケティングは、コンテンツを中心にいかにストーリーとして全体を繋げられるかがポイントだ。そのためにも、断片的な理解で満足するのではなく、ここで紹介する全てをしっかり理解していただきたい。

それでは基礎的な解説から始めていこう。

 

コンテンツマーケティング (: content marketing)は、対象となるオーディエンス向けのコンテンツをオンラインで作成、公開、および配布することに焦点を当てたマーケティングの一形態である[1]。 これは、次の目的で行われる。

  • 注意を引き付け、リードを生成する
  • 顧客基盤を拡大する
  • オンライン販売を増加させる
  • ブランドの認知度や信頼性を高める
  • ユーザーのオンラインコミュニティに参加してもらう

コンテンツマーケティングは、価値のある無料コンテンツを作成して共有することにより、見込み客を引き付け、見込み客を顧客に変える。コンテンツマーケティングは、企業が持続可能なブランドロイヤルティを生み出し、消費者に貴重な情報を提供し、将来的に企業から製品を購入する意欲を生み出すのに役立つ。この比較的新しい形式のマーケティングは、直販営業を介さない。代わりに、オーディエンスとの信頼関係を築く[2]

他の形式のオンラインマーケティングとは異なり、コンテンツマーケティングは、新しいニーズの需要を生み出すのではなく、既存の顧客の情報ニーズを予測して満たすことに注力する。 ContentlyのJames O’BrienがMashableに書いたように、「コンテンツマーケティングの中心的な考え方は、企業が価値のあるものを手にするには、価値のあるものを提供する必要があるということだ。テレビ広告の代わりに見世物を提供しろ。バナー広告の代わりに特集記事を提供しろ[3]。」 コンテンツマーケティングでは、できればコンテンツマーケティング戦略の範囲内で、大量のコンテンツを継続的に配信する必要がある[4]

企業がコンテンツマーケティングを追求する場合、主な焦点は見込み客または顧客のニーズである必要がある。企業が顧客のニーズを特定した後は、ニュース、ビデオ、ホワイトペーパー電子書籍インフォグラフィック、電子メールニュースレター、成功事例、ポッドキャスト、ハウツーガイド、よくある質問と回答に関する記事、写真、ブログなど、さまざまな形式で情報を提示することができる[5]。これらのコンテンツのほとんどはデジタルチャネルを通して提供される。

デジタルコンテンツマーケティングは、さまざまな電子チャネルを介してデジタルメディアを使用して、顧客のニーズを特定し、予測し、満たす[6]。 顧客の行動を維持または変更するために、一貫して維持する必要がある[要出典]