cis本とも相性が良いKindleの疑似オーディオブック化(読み上げ)

読書体験を高速化・効率化する読み上げ機能

cis氏の書籍(通称:cis本)が話題になり売れている。

 

本記事では、cis本を含むKindle等の電子書籍と相性が良く、読書体験を高速化・効率化するためのiPhone(iOS)によるテキスト読み上げの方法を紹介する。

iPhoneの設定から、一般>アクセシビリティ>スピーチを選び、2つ目の

「画面の読み上げ」をONにする

だけだ。(1つ目の「選択項目の読み上げ」は名前通りの機能。ON選択は任意。)

読み上げの声をKyokoからSiri (男性)へと変更

声を選択することができる。デフォルトの「Kyoko」だと読み上げの品質が低い。日本語を選択し、「Siri (男性)」を選ぶことを強く推奨する

日本語の全ての声データを試したが、Siri (男性)が最も自然だった。初回はデータダウンロード(数百MB)のために少し時間を要する。

読み上げ機能の使い方・起動のコツ

その後はKindleアプリを開こう。書籍を開いている際に、2本指で画面上から下にスワイプする。そうすると、下のようなポップアップが出て読み上げが始まる。

少し苦戦するかもしれない。動作はゆっくりで良い。「画面上」という位置は、iPhoneの上端に触れる際(きわ)部分。何度か試せばすぐにコツが掴めるはずだ。

これらのボタンを使うことで、スピードを変えたり、一時停止したり、ページ送りをすることができる。

また、この読み上げ機能の便利なところは、自動でページ送りをしてくれるところだ。ページの変わり目で音声が一瞬途切れてしまうので、事前にある程度文字サイズは小さくしておいたほうが良いだろう。

適する本のタイプ・読み上げのメリット

数式等が入っている専門書や受験参考書のようなものを読み上げるのには適さないが、cis本を含むテキスト主体の書籍には効果を発揮するだろう。

また、情報を得ることを目的した読書には適するが、情景を想像することを楽しむような読書には適さないかもしれない(小説等)。人間が感情を込めて朗読してくれるわけではないため仕方がない。

想定されるメリットは下記のとおり。

目で読み、同時に耳で聴く場合

・目で読みながらも音が追いかけてくるため、読書ペース・気力を保てる
・目で読むのに加え、音で情報が頭に入るため知識定着度の向上が見込める

目で読まず、耳だけで聴く場合

・耳から情報を取り入れることで(酷使しがちな)目を休ませることができる
・一度読んだ本のおさらい(復習)を「ながら聞き」でできる

日本語はもちろん、英語の読み上げにも対応している。(漢字混じりの日本語に比べて視認性が低い)英語で書かれた洋書の認識・解釈ペースを上げるのにも有効だ。目と耳での並列分散処理により、脳のリソース消費の省エネにつながる。

上記読み上げは、図表が1ページを占める場合は、いったん読み上げがストップしてしまうため、その際は手動で再読み上げをスタートされるしかない。そういう意味で、この手法はあくまでも疑似的なオーディオブック化に過ぎない。タイトルはある程度限られるが、本格的にオーディオブックを聴くのであればAudible(無料体験可能。最初の1冊は無料)に登録をするのが良いだろう。

とは言え、Kindle読み上げ機能は控え目に言って最高だ。KindleとiOSを使ってる人は利用しない手は無い。読み上げを多少ミスっても、部分的に目で見て補完すれば良い。耳と目での負荷分散。

時折「こんなに読み上げてもらって酷使して悪いわー」的な錯覚を覚えるくらいだ。疲れ得ないAIと共生するシンギュラリみを感じる。

最近のテキスト読み上げ技術の進化

最近こんなツイートもした。読み上げの自然さは着実に向上している。

Google Text to SpeechやAITalkの品質は、上で紹介したSiri (男性)よりも優れている。それぞれサイト上で任意の文章を読ませることができる。一度試して見ると良いだろう。