トヨタFCV(水素燃料電池車)MIRAI新車が実質70万円

車を買ったことが無いのだが、トヨタFCV(水素燃料電池車)MIRAIはそそられる。税込724万であるが、4年後にトヨタが362万で買い取ってくれる。実質362万。さらに国補助金202万+東京都補助金101万が出るから諸費用合わせても実質70万程度。

ただし、水素ステが現状少なく、納車は半年後くらい。

Anyca等カーシェアで遊休時間で貸し出せば月5万円くらいは稼げて、車両代と駐車場代くらいは経費化しておけばペイできるはず。

補助金は納車時期が年度を跨ぎそうな今、2019年度どうなるかがややリスク。ただ、2020年までにエコカー流行らせたい思惑が国・自治体にはあるからそのまま継続すると思うが。

FCV(水素燃料電池車)は最先端技術の塊。税込み724万は破格で、『ドイツの自動車メーカーに「ゼロ1個間違っている。7000万円だろ」と言わしめたとされる』なんて話もある。

日産はFCVを諦めEV(電気自動車)に舵を切ったらしいが、長期的には小型・短距離はEV、大型・長距離はFCVって社会が来るのだろう。